むし歯治療

できるだけ歯を残す治療を心がけています。

できるだけ歯を残す治療を心がけています。「痛みの少ない治療」「今ある歯を大切にする治療」を実施しています。当院では、今ある歯を大切にする、できるだけ歯を残す治療を心がけております。なるべくご自身の歯を長く使って頂きたいと考えております。初期段階の治療から根っこの治療まですべての過程において、「痛みの少ない治療」「今ある歯を大切にする治療」を提供しております。

虫歯になると、自然に治ることはなく、二度と元の歯の状態には戻りません。
虫歯は初期段階では自覚症状がなく、症状が出た時にはかなり進行していることが
多いのです。

早期発見、早期治療がとても大切です。

当院のむし治療の特徴

痛みのない治療のために

表面麻酔
画像

無痛治療の基本は、麻酔をしっかりと打つことです。
しかし注射針を用いる以上、打つ際にどうしても「チクッ!」とした痛みが発生します。

それを緩和させるために、打つ前にシート状の麻酔(整形外科で特に使用されています)を
患部に貼ります。

極細の注射針
画像

針が太いと感じられる痛みも強まる可能性が出てきます。

そこで当院では、現在の日本で流通している中では最も細い針を使用しています。

麻酔剤の加温
画像

麻酔剤が冷えていると、注射の際に痛みが強く感じられてしまいます。

そこで当院では、体温とほぼ同じ温度に麻酔剤を温める道具を取り入れて、 1年を通じて適温で麻酔剤を投与できるようにしています(冬場でも心配ありません)。

う蝕検知液(カリエスチェック液)
画像

これまでは、むし歯になった部分を確認するときは歯の硬度に頼る方法が一般的でした。
もっともこの方法では、正確な範囲を知ることができないという欠点がありました。

しかし現在は、むし歯の部分だけを赤く染まった状態にすることができる薬剤が登場しています。

当院でもこれを用いて患部を正確に認識し、歯を削る部分を最低限に抑えることに成功しています。

マイクロスコープ(手術用実体顕微鏡)を用いた高品質な治療

画像

歯科治療は、細かい作業を必要とする治療です。
特に歯の根は複雑な形状をしているため、肉眼だけでは限界があります。

そこで当院では、根管治療に特化したマイクロスコープ(手術用実体顕微鏡)を用いた治療を
行っております。

当院では根管治療に力を入れ、できるだけ歯を残す治療を心がけています。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.042-512-9920
診療時間
9:30〜13:00

/

/

15:00〜19:30

/

/

/

休診日
水曜、日曜午後、祝日 ※土曜午後は15:00~17:00

© 兵庫県西宮市伏原町の歯医者・歯科医院 たくまデンタルクリニック たくま歯科. All Right Reserved.